磁気ナノ粒子イメージング / Magnetic Nanoparticle Imaging

ホーム/Home 研究紹介/Activities > 磁気ナノ粒子イメージング/Magnetic Nanoparticle Imaging
 
 

 体内に注入した磁気ナノ粒子からの非線形磁化信号を、体表面から検出し,癌などの疾病領域のイメージングを高感度に行う 磁気ナノ粒子イメージングシステムの開発を行っています。複雑な粒度分布をもつナノメータサイズの磁気微粒子の 磁気特性評価装置を開発し(図(b))、磁気ナノ粒子イメージングにおける磁気微粒子の定量的評価を行っています。図(c)は、 第二高調波磁気信号を利用したイメージング装置です。非常にコンパクトで簡単なシステムでありながら、検出距離30 mmにおいて 100μgの磁気ナノ粒子検出と、イメージングに成功しています。本システムのセンチネルリンパ節検出等への医療応用を目指しています。

 We have been developing a magnetic nanoparticle imaging system that provides useful information such as a location and progress of the disease. By detecting the harmonic signals from magnetic nanoparticles (MNPs) inside the body, highly sensitive system can be achieved. We have quantitatively evaluated the harmonic signals from MNPs for MNP imaging application. In Fig. (c), very simple and highly sensitive MNP imaging setup which was designed to detect the second harmonic signal is shown. We could clearly distinguish two MNP samples located at 30 mm below the pickup coil. This simple detection system will be useful for medical applications such as sentinel lymph node detection.